飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 191 CO2吸収源 | main | 193 水笑ふ >>

192 プリントゴッコ

100326

〈雲海に笠が浮かぶ 1987.09.13 17:30〉
 

 ひらめきも少なくなって出番は減ったが、手書きの山だよりはプリントゴッコで世に出たから、消耗品を除いて販売終了の報には遠からずこの物語にも終わりが来ると知った。
 書くという行為は、宙に浮かんだひらめきを自分の語彙に置きかえ何度も何度も書き直して着地点をみつけることだから、その印刷にも体をひとつの道具として使ってこそ字が生きてくる、そう思わせ続けてくれている。           
 先に書き手の方が消耗するかもしれない。


★2011年9月21日 10:00
RISO オンラインショップからのお知らせです。

日頃よりRISOオンラインショップをご利用いただき、誠にありがとうございます。

さて、当社はこのたびプリントゴッコ関連消耗品のメーカー販売およびサポート業務を、
平成24年(2012年)12月をもちまして終了することにいたしましたのでお知らせいたします。
消耗品の販売、サポート業務の運用に関しましては、下記内容で終了を予定しております。

 

●RISOオンラインショップ・通販センター:
平成24年12月28日12:00のご注文まで受付


●お客様相談室(修理受付含む):
平成24年12月28日17:00まで受付

※上記終了時期は、販売状況やその他の状況により早まることがあります。
 「プリントゴッコ代用品」のキーワードで来られた方々へ
 消耗品販売終了の知らせに危機感を覚え、まとめ買いをしましたのでお役に立てず申し訳ありません。
 手持ちをできるだけ長く使うために、次のことをしています。
   〇罐僖譽奪函…… カレンダーの裏紙で代用。
  ◆.ぅ鵐ブロッキング …… 市販の隙間テープで代用。
   使用済みインク …… (カメラの)フィルムケースに回収し、粘性あるうちは使い回す。
  ぁ’賀状の発出人住所氏名を手書きにする。
プリントゴッコ | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

☆★10月06日16:24
理想科学工業株式会社 お客様相談室の担当の方から待ちに待った回答があった。

『この度は、回答に時間がかかり誠に申し訳ございませんでした。

担当部門に確認をいたしましたが、ハイメッシュマスター、およびハイメッシュインク等消耗品の代用になるものは、誠に残念ながらありませんでした。

長年ご愛用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
また、お問い合わせいただきましたのにお役に立てず、重ねてお詫び申し上げます。

長きにわたり、プリントゴッコをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
飛曇荘様のブログから作品を拝見させていただきました。
シンプルでプリントゴッコの良さを引き出していただく作品に日本の風情が伝わってまいります。

当社プリントゴッコにてたくさんの作品をお作りいただきましたこと、また今後も最後までご愛顧くださる飛曇荘様に心より感謝申し上げます。』

飛曇荘 | 2011/10/07 9:44 PM


プリンター本体も壊れたら後がないし、消耗品の単価が上がっても「道楽」のうちだと思って、だいじにだいじに使ってきました。

印刷原稿をそのまま葉書にコピーすればいいようなものですが、それが可能でも色構成を考える愉しみがなくなります。

先ほど、代用品の心当たりはないものかRISO オンラインショップに嘆願メールを出したところでした。
飛曇荘 | 2011/09/22 12:02 AM
ずっと忘れていたけど、いつもあると思っていたものが、突然なくなる……と言われると、何故ちゃんと使ってこなかったかと……、思う。
AKi | 2011/09/21 10:29 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hizumisoh.citrohan.sub.jp/trackback/1213163
この記事に対するトラックバック