飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 221 林治職員 | main | 223 おもちゃ >>

222 ふふふ

120207

 

 


20111117

 〈贄川郵便局 2011.11.17〉

 近くにポストもない山の宿舎で単位分のレポートを書き、四度の夏は東京で大学に通った70年代。あの頃も東京は地上の照明が夜空の雲を明るく染め、星はみえなかった。
 毎日一枚、十年続けたらものになる、と言われたスケッチは最長116日。そんな飽きっぽい人間が手書きの200字に絵を添えた葉書を投函して25年。近く販売終了の印刷資材も200枚分仕入れ、あとは分け入った迷いの森でかすかな光にであうヨロコビ待つばかり。

 

 

http://radikanchosatai.naganoblog.jp/e2096222.html

 

 

 

プリントゴッコ | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

最近、iPhone のアプリケーションについての紹介記事を5本……というミッションがあった。1つについて100文字と言われたが、すぐ無理と分かった。200文字内外……というのが表現の目安ですね。
ずっと前から200文字という世界を知っていた事に尊敬……、です。
AKi | 2012/02/16 2:26 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hizumisoh.citrohan.sub.jp/trackback/1279139
この記事に対するトラックバック