飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 226 カツラ | main | 228 看護休暇 >>

227 ヤマボウシ

120618
 〈ヤマボウシ 1978.06.27〉

 その年は6月半ばから一月休んだ。聞こえはいいが職務につくことを停められたのだ。
 労働組合が休業補償をしているからと私用の遠出は控えて、専ら名古屋営林局管内に働く青年や婦人を訪ね、彼らの話を聞いてきた。
 自分の勤務先へは出られない日々を励ますかのように作業班から連絡がきて、梅雨晴れの町なかを大ぶりの枝、ゆっさゆっさと担いで帰り、一昼夜かけて描いたのがこの一枚。
 山あいの静かな時間が、ここにはある。
| permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

会社の中庭で今咲いています。あの白いところ花じゃ無かったかな?
中島正利 | 2012/06/20 1:09 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hizumisoh.citrohan.sub.jp/trackback/1279144
この記事に対するトラックバック