飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 269 火 | main | 271 46% >>

270 ケーキと図書館

140123-1

〈 2005.09.10 16:35 〉

 このところのお茶のお伴は抹茶の黒豆パウンドケーキ(お正月版金箔入り)。余計な添加物が入っていないお菓子のお相伴にあずかれるのは「ケーキ屋さんのない僻地ばかり連れ回された賜物」だそうだ。
 ケーキ屋さんのない山村には図書館がなかった。あって図書室。観光客向けの施設はあっても転入者が知りたい、土地の人にはあたりまえの事柄を知るに足る施設はなかった。
 誇れるものがなかったとは思わない。

 

 

★この作品のカテゴリーを「ダム・原発」にかえたのは、いずれも水力発電用施設(ダム)による水没区域を含む地方自治体のことだからです。

 

星のみえない夜 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -
この記事のトラックバックURL
http://hizumisoh.citrohan.sub.jp/trackback/1279187
この記事に対するトラックバック