飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 372 トバタの大水 | main | 374 『入り四ヶ村書付』 >>

373 アルベロベッロ

373

☆古道徳本峠道を守る人々 

 日本山岳遺産基金 2014年度の日本山岳遺産認定地と認定団体

 http://sangakuisan.yamakei.co.jp/news/repo_ninteichi2014.html

 

☆白炭窯の天井

 net上に適切な画像がみあたらない  

 『炭焼紀行』(三宅岳著 創森社 2000.11.10 第1版)P.26には「さて、肝心の窯の天井だが、そこには赤く焼けた石がしっかりと、見事な螺旋を描いていたのだった」、P.27にその画像があげられている。著者にきいたところ「掲載されている画像は小さくてわかりにくい」とのことだった。

星のみえない夜 | permalink | - | - | - | -