飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 376 鰯雲 | main | 378 五段林 >>

377 終わってる。

377

〈 切れた鎌カバー 2013.10.23 12:23 〉

 

 一番手前、後ろ姿の人物はヘッドバンドを外したままの保安帽を被っている。

 これが全国の森林・林業技術者四千人を結ぶ組織が発行する情報誌の11月号表紙画像だ。

 人類発生以来おおくの失敗や危険回避策で道具や保護具はできている。傍らを通っただけで枯れ木が倒れてきた重大事故だってあるのだ。出稿者は無論のこと、ダメ出しもできない編集者を据える組織では森林・林業の未来どころか「今」を語っても虚しい。

 

 

★896の表紙です

 http://www.jafta.or.jp/contents/shinringijuts/18_month11_detail.html

星のみえない夜 | permalink | - | - | - | -