飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 382 『祝婚歌』 | main | 384 ひよどり食堂 >>

383 砂塵嵐

383

〈 手がかじかむ 鉢盛山を下る 2015.10.12 13:49 〉

 

 日が射したかと思えば風花まじりの強い風。と、塩尻方面に土煙蠢き垂れこめた雲に昇らんかの勢い。朝日山形あたりでなくて幸い。

 砂塵嵐をくぐりぬけたことがある。あれは水気のない土石流だった。猛烈な土色の風にライトは効かず視界数mをのろのろ進んだ。

 先日、畑地でみた深緋色は土壌消毒用くん蒸剤20L空容器。みえはしないが土壌も地上も大気も国が認可の毒物劇物まみれだろう。

 季語に採られたそれと似て非なる土降る。

 

☆朝日山形

 朝日村、山形村のこと。

 朝日村は飛曇荘の南西に、山形村は西にあたり、三月ある日発生した砂塵嵐が風下を襲う。

 添付画像は2012年3月22日。

20120322

 

☆鉢盛山

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%A2%E7%9B%9B%E5%B1%B1

 

| permalink | - | - | - | -