飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 十年 | main | 山からの帰り >>

松枯れ

427

★奥入瀬渓流落枝事件(または奥入瀬渓流落枝事故)

森林・環境フォーラム報告資料「奥入瀬渓流事件判決について」
平成 22 年 11 月 20 日
弁護士小保内義和

http://www.tokanken.jp/wp-content/uploads/2010/03/afa6bdabfb8dc32574651487c0d87c21.pdf#search=%27%E5%A5%A5%E5%85%A5%E7%80%AC%E6%B8%93%E6%B5%81%E8%90%BD%E6%9E%9D%E4%BA%8B%E4%BB%B6%27

 

参考文献

・『森の虫の100不思議』日本林業技術協会(1991) P.10 真宮靖治「海の向こうからきた殺し屋」ほか

・『森林技術』809 日本森林技術協会(2009)  P.2  黒田慶子「ナラ枯れ増加から見えてきた「望ましい里山管理」の方向」ほか

・『森林技術』857  日本森林技術協会(2013)       P.2    黒田慶子「マツ枯れはなぜしぶといのか」ほか

・『森林技術』900  日本森林技術協会(2017)       p.2    相場芳憲「サクラとマツ 侵略的野生化と植栽実践」ほか

・『森林技術』902  日本森林技術協会(2017)       p.2    中村克典「マツ枯れ被害の最前線」ほか

星のみえない夜 | permalink | - | - | - | -