飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 家鴨騒動 | main |

アリバイ

449

☆もう一つの階段工

http://hizumisoh.citrohan.sub.jp/?month=201311

 

☆資料について (2018.10.29追記)

 この日の一般参加者のうちわたしを含む10人ほどがシンポジウム終了後、受付に、事前に参加申し込みをしているにもかかわらず資料がないのはどういうことかと説明を求めたところ、前日からの参加者には配布した等々弁解に終始する。

 埒があかないので、ネット状況にない参加者も存在するが次善の策として主催者HPに資料の掲載を求めた。

 翌週には松本建設事務所HPに資料を掲載するとの回答を得たが10月22日には掲載なく、次に示す記事(10月26日更新)をみたのは翌々週10月29日。

 

☆牛伏川階段工完成100周年記念行事

 石積砂防シンポジウム 10月19日(金)の講演および事例発表資料を掲載しました

 当日は資料配布できる部数に限りがあり、参加者全員に配布できなかったことを心からお詫び申し上げます。

https://www.pref.nagano.lg.jp/matsuken/ushibuse/20180507.html

 

 

星のみえない夜 | permalink | - | - | - | -