飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 槐多 6 「モデル女に」 | main | 槐多 8 謎 >>

槐多 7 底本

487

☆先行研究

 「君に 村山槐多 / 附注 「全集」版表記への大いなる疑問」

  https://open.mixi.jp/user/1248366/diary/1943618432

 

☆後の槐多詩集など

『村山槐多詩集』(世界の詩70) 1973 山本太郎編 彌生書房

  底本の明示はない。「伏字の部分は初版本『槐多の歌へる』によったが、編者の見解で「注」として補っておいた。」とあるが、いつの初版本かの明示がない。

『新装 日本の詩歌17 オンデマンド版』(村山槐多の項) 2003 中央公論新社

  底本の明示はない

『槐多の歌へる』2008 酒井忠康編 講談社文芸文庫 

 弥生書房刊『村山槐多全集』(1969年3月再版)を底本とし、タイトル、詩、散文詩、短歌以外は新かな遣いに改め、多少ふりがなを加えました。本文中明らかな誤植と思われる箇所は正しましたが、原則として底本に従いました。また、本文中の編注は底本によるものです。

『村山槐多全作品集』2019 村松和明編 求龍堂

 『村山槐多全集』彌生書房1993年を底本とし、一部旧字と仮名遣いを適宜修正した。詩の原文が掲載されているものは*を記し、原文のまま書き起こした。

『村山槐多詩集』2019 窪島誠一郎編 書肆林檎屋

 『槐多の歌へる』昭和2年2月17日アルス社刊を基とし、本文中誤記誤植とおもわれる文言と仮名遣を適宜ととのえた。なお□と〇印は覆字を示すが彌生書房刊『村山槐多全集』増補版と『村山槐多詩集』(世界の詩70)にある註記を転載した。

星のみえない夜 | permalink | - | - | - | -