飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 岳沢ヒュッテ 跡 | main | ケルン禍 1 >>

笠ヶ岳

491

☆『兎の眼』灰谷健次郎 1974年初版 理論社刊

 

☆『兎は運河を渡っていた』灰谷健次郎 1971年03月 輪の会刊

 全集版『灰谷健次郎の本』第22巻 詞華集 1988年04月初版 理論社

星のみえない夜 | permalink | - | - | - | -