飛 曇 荘

 飛騨と安曇のあいだで
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 清光館哀史 14 六百年位 | main | 清光館哀史 16 収集要綱 >>

清光館哀史 15 美術展図録

516

〈 雲もなきこの暑空に柏餅 2020.05.02 15:00 〉

 

 予約本貸出のみのコロナ禍対応が部分的に解かれた日、教科書を閲覧した。

 めあては「国語」と「測量」だが、この地域がそれを必要としないのか、あったのは現在使われている「国語」で印刷・発行日ともに空白の見本。その色鮮やかで重たいこと! まるで美術展図録全五十二冊を転翻よろしくパラパラ捲り読みして『清光館哀史』は、筑摩書房『現代文B改訂版』(以下、『改訂版』)一冊に掲載されているだけだった。

星のみえない夜 | permalink | - | - | - | -